人としての喜びを実感するとき

私たちがITにまつわる製品を購入して、今までの生活からより良いものへとしていきたいと考えることもあるでしょう。
ITの発展とともに、私たちの欲しいIT製品が増えていき、どれを選ぼうかという気持ちになるだけでワクワクしていきます。

いま、ITは生活そのもの。ITなくしては、買い物だけでなく通勤・通学の電車やバス、高速道路の利用もSTOPするのではないでしょうか。さらに、その内容は日々更新され、より便利なツールへと生まれ変わっています。これもエンジニアやプログラマのおかげなんですね。

一般に人というのは、買い物をしているときは、新しい物に対して目を輝かせていく習性があり、時代の最先端を走る製品によって、自分の生活に対してどれほどの恩恵を与えてくれるのか興味深くなっていきます。このようにして買い物とは、その人の生きる活力を生み出していく上での生活上での欠かせない習慣となっているのです。

買い物とは、自身の成長過程の段階を色濃く映し出している一つの行為と言えるのではないでしょうか。
何故なら、自分が購入した製品によって生活の質が向上していくとともに、自分が最先端の技術の恩恵を受けている者として、ひいては時代の波に乗っている者としての喜びを享受しているからだと感じるからです。

そうした経緯から、その人の生きている実感を映し出していくことになり、買い物によってその人の人間的な価値観を形作っていると言っても過言ではないとも感じられるからです。買い物から紡がれていく生命の確かな芽吹きを感じられた時こそ、その人の生きる希望を生み出していくことへと発展していくのです。故に、買い物とは我々人類に与えられた特権とも言えるのでしょう。だからこそ、人としてこの世に生を受けたことを大自然に、ひいては自分の親に感謝をしていくべきなのだと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です