心の窓に映り込むもの

インターネット上で、私たちが何かを検索するときに、通常の検索では自分の思惑通りのヒットがなくても、画像での検索ならば、イメージをたぐり寄せる要素が強いため、自分の想像していた要求というのを見つけやすいと思います。
画像での検索は、一つの手段となり、そうした意図をIT技術者が考慮して、画像での表現性も重視するようになったものだと考えられます。

画像に焦点を当てた検索でヒットした検索結果を見て、思わずどの画像をクリックして調べてみようかと気持ちが高ぶったりはしないでしょうか。まるで、今まで開かれなかった扉を今か今かと開け放たれるのを待ち望み、未知なる冒険へと旅立とうとするロマン志向を喚起されたりするのではと思うのです。

画像が映し出す風景というのは、自分の想像していたイメージと比較しやすく、画像が織り成す世界観に心地よいギャップを感じたりするのかと考えられるのです。いい意味での予想を覆す想像の世界観に酔いしれるのではないかと思うのです。そうして考えると、ITは、夢や希望を呼び起こさせていくといった、人として持ち合わせるべき感情の発掘を促してくれるものなのだと感じさせられるのです。 スキルの高いプログラマのおかげで想像力が広がったと言っても過言ではないと思うのです。

今にも動き出しそうな生命の躍動感を感じさせる画像の羅列に対して、幸せな気分になれることも不思議ではないとも考えられます。
気分を切り替えたいときや新しいものに触発されたいといった欲求を叶えてくれるのも、画像としての性質なのだと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です